うちラテ

ラテアートの作り方(リーフ編)

ハートが描けるようになったら、少し練習が必要なリーフのラテアートを描いてみましょう。

ラテアート動画(リーフ編)

1. カップを軽く傾ける

ハート同様、カップを少し傾けて、ミルクピッチャーとの距離をなるべく近づけましょう。

2. 高い位置から中心に注ぐ

カップの底から液面までが最も高い位置(液面中央)から注ぎ始めます。注いでいく時は、液面のクレマ(茶色)をなるべく維持させながら全体を馴染ませる様に注いでいきます。

3. 低い位置から左右に揺らす

注いだミルクを全体に馴染ませながらカップの3分の1程注ぎ終えたら、ピッチャーの口先を液面の中央の位置に移動させて徐々に低い位置に注いでいきます。すると、次第にミルクの模様が浮かび上がってきます。

ミルクの模様が浮かび上がってきたら、すぐにピッチャーを左右に軽く揺らすように振っていきます。

4. 手前に徐々に引いていく

外側の模様が内側に巻き込んできたら、少しだけピッチャーを押し込みながら注いで、左右に振りながらも手前に引いていきます。このとき同時にカップの傾きも元に戻していきましょう。

左右対称のリーフにするには、ピッチャーの振りを一定幅・一定速度で注ぐことが肝心です。

カップの縁近くまで手前に引いていきます。

5. 高い位置に戻して真っ直ぐ切る

カップの縁まで移動したらピッチャーの振りを止めて、ピッチャーを高い位置にして浮かんできた模様の真ん中を切るように手前から奥の方に注いでいきます。

6. リーフの完成

これで、リーフの出来上がりです!